Miracle Picnic

旅とグルメで enjoy life !

メンタリストDaiGoの「今日の疲れを明日に残さないための心理学」に納得。

 

f:id:coolmilk:20171128214847p:plain

こんにちは、きのみかれんです。
メンタリストDaiGoさんって公式ラインブログをされているのですが、どんなことを発信しているのか気になってLINEの友達になってみました!
毎日記事を更新していらっしゃる、という感じです。
そして、初めてわたしが読んだこの記事が、とてもとても納得いくものだったので、
紹介します!
 

結論 やりきってない仕事があるから疲れる

 
これを読んで、「そう言えばそうだった!!」と過去を思い出しました。
DaiGoさんいわく、
「やった仕事に疲れを感じる人はいない」
のだそうです。
たしかに、やった仕事は達成感に繋がるから、むしろスッキリします。
やり残したことは、仕事をしていない時にも、そのことが気になって考えしまうし、
できていないこと、やりきれるのかわからないことにたいして不安にもなります。
つまり、24時間四六時中考えていることになります。
DaiGoさんもこう書いていました。
「やらないといけないことが寝る前に残っていると、やはり睡眠が浅くなっちゃうんですね。」
そうですよね、気分が下がる考え事をして寝た次の朝って、わたしは体が重たいです。
「じゃあどうすればいいの??」
「毎日、仕事はどんどん押し付けられるし、全部やりきるなんて不可能だよ!」
と感じる方が多いかと思います。
というわけで、DaiGoさんの解決方法をご紹介します!
 

解決方法

 
朝起きたら、明確な目標を3つ決めること
全部やりきるとなると、永遠に終わりが見えないという人もいると思います。
今日はここまで!っていう目標を決めてしまえば、「やり残した」という感覚をなくせるというのです。
そうすれば心の余裕も生まれます。
自分で決めた目標を3つこなしたら、それでOK!だそうです。
やり残した感があるせいで、家に帰っても寝ていても疲れるのですから、その疲れから解放されるには大切なことだということはわかりますね。
余談ですが、星の王子様という絵本をごぞんじでしょうか?
その物語の中に、バオバブの木というのが出てきます。
小さいうちに抜いておかないと大変なことになると。
放っておいたら、しつこい根っこができて、ものすごく大変な思いをするのだとか。
あの絵本を読んだのは大人になってからですが、心にズシンときたのを覚えています。
今回の話しとは少しずれますが、
面倒なことを後回しにすることも自分を苦しめます。
これは身をもって経験したので、皆さんも気をつけていただきたい。
というわけで、
今日はメンタリストDaiGoさんの
「今日の疲れを明日に残さないための心理学」をご紹介しました!
では!