Miracle Picnic

旅とグルメで enjoy life !

大学生になる前に知っておこう!大学生活がうまくいくタイプ・失敗するタイプ

 

f:id:coolmilk:20180311143148j:plain

 
これから大学生になる若者たちへ伝えておきたいことがあります。きっと新生活がワクワクするし楽しみだろうけど、調子乗ってたらやばいことなります。
 
実際見てきたから言える、うまくいくタイプと失敗するタイプを紹介します!
 
 
今思えば大学の時にもっとこうしていれば、とか、やり直したいこととか、いっぱいあるけど、失敗はしてないかな。
 
まあ、最低限のボーダーを持って、大学生になれば大丈夫です!
 
 
 
 
 

 大学で失敗するタイプ

 

f:id:coolmilk:20180311143600j:plain

 

授業をサボって麻雀する人

 
これは理工学部やったからか、男性の麻雀組が目立ってました。授業中やのに、学食のベランダでずーっと麻雀してましたね。
 

授業を休んでバイトする人

 
バイトが休めないとか、人が足りないとか、単純に稼ぎたいとか、そんなことして単位落としたら元も子もないのになーって思って見てたらやっぱ単位落としてました。そして留年してました。一年ダブったら100万とか理系や音楽系はそれ以上にかかるのに、意味がわかりませんね。
 

寝坊して授業を欠席する人

 
とてつもなく朝に弱い女の子がいました。でも性格は超真面目で、勉強ができないわけではない感じ。なのに、出席が足りなくて、単位落として留年してました。
 
 

出席用紙の提出をいつも誰かに頼んでサボってる人

 
大きな講義室の授業では、当日配られる出席用紙を授業終わりに提出することで出席のチェックを行うことが多々あります。
その出席用紙を友達に代わりに書いてもらうってのは、しょっちゅう見かける光景ですが、あまりにも友達にばかり頼っている人っていうのは実際は授業にほとんど出席していないわけなので半期ごとにある試験で痛い目にあうのです。
もちろん単位は取れませんよね。
 
 

留年した先輩とばかりつるんでる人

 
入学して驚いたことは、理工学部にはあまりにも多くの留年生がいるということです。高校時代留年なんて稀な話で、噂でしか聞いたことのないくらいのことでしたが違います。一回生3回目の人とかもいるわけですよ。そんな人と一緒に学生生活送っていい事があるようには思えません。事実、留年生と仲良くしていた同級生は留年しました。
 

奨学金を学費以外に使っていた人

 
私立大学の学費は高額です。奨学金を借りる人は少なくありません。利子がつかずに借りれるものと少し利子はつくものがありますがどちらにしろ『借金』です。借りたら返さないといけません。多い人は月に10万前後借りています。
ざっくり計算すると4年間それを借り続けたら
10万×12ヶ月×4年間=480万
社会人一年目からおよそ500万の借金をかかえてスタートです。
毎月1万ずつ返済したら40年。つまり63歳ごろまで返済
毎月2万ずつ返済で20年。43歳ごろまで返済。
毎月3万ずつ返済で13年ちょっと。36歳ごろまで。
 
でも、初任給20万円切る時代に3万の返済はきついですから、頑張っても月2万でしょうかね。車が欲しいとか結婚資金貯めたいとか全身脱毛の契約したいとか、そんなの余裕なさすぎてできませんよきっと。
長々と書きましたが、奨学金は借金であり、長期間にわたり負担になることをわかってほしかったから具体的に数字をお伝えしました。
 
そんな奨学金を生活費に使っている人がいました。
その人は『奨学金が入ったらすぐ使ってしまう。奨学金入るちょっと前は一番きつい。』ってよく言ってました。
それ絶対無駄遣いしてますよね。
 
今頃後悔してるんじゃないかって思います。周りは結構忠告してたのにね。
 
 

彼氏のためにバイトしてた人

 
大学生になったら一人暮らしをする人が多いです。そしたら思う存分恋愛も楽しめるだろう!って期待してる人もいますよね!
そして私の友達はどっぷり恋愛を楽しんでるうちの一人でした。
友達は一人暮らしの彼氏の家でほぼ同棲していました。彼氏はギャンブルグセが悪かったのです。ある時お金を貸して欲しいと言われたとか。私の友達は貸しました。でも、その使い道がパチンコだったのです。それで家賃とか光熱費とか、男は払えなくなってて、代わりに友達が払ってました。そのためにバイトの日数を増やしてました。授業の欠席も増えました。結局彼氏の中国一年留学をキッカケに別れられたので周りはほっとしましたが、そのせいで友達は留年してました。
ちなみに今はその女の子は教員試験にも合格して真面目な男性と結婚して幸せそうにしています。
その子の家はお父さんがお医者さんだったので留年してもなんとかなったのですが、経済的に余裕のない家庭でそんな事があったら、両親は悲しむ事でしょう。
 
 
 
 
 
 
 

大学でうまくいくタイプ

 

f:id:coolmilk:20180311143700j:plain

一回生のうちはバイトはほぼせずに学業に専念することにしていた人

 
何事も最初が肝心です。一回生の前期くらいはバイトはせずにフルで単位等努力をしましょう。学科内での首席卒業を目指して見てもいいかもしれませんね。高得点なら卒業時の成績表にSABCランクの中のSがつくので、案外ねらえるものかもしれません。
バイトは一回生後期から始めればいいと思います。せっかく前期にバイトをしてても留年して学費に消えるなんてアホらしいですからね。
 

在学中や卒業後の目標がすでに決まっていた人

 
在学中に強い意志を持って留学することを目指していた友達や、卒業後にやりたい仕事などが決まっていた人は充実した大学生活を送っていました。
そういう人たちは遊びも学業も全部全力で楽しんでいましたよ!
 

頭のいい友達とつるんでいる人

 
人生誰と出会うか、ってよく聞きます。
意識が高い人や、前向きな人と一緒にいると、自然に引き上げてもらえるって事があります。自分では頑張っているつもりはなくても、物事がうまくいく波に乗れているかんじ。4年間を共にする友達選びは慎重に!
 
 

そもそも真面目な人

 
根っから真面目な人は心配ないでしょう。
 
 

遊びも学業も全力で楽しんでいた人

 
大学生は今までよりも時間を作りやすいし、社会人になったらできない事が大学時代だからこそできたりもします。だからこそ旅行に行ったり、留学したり、資格をとったり、大きな企画を仲間とやりとげたり、趣味をレベルアップしたり、中には会社を設立するような人もいます。何をするにしてもバランスよくかつ全力でやっている人たちは輝いているし、その経験は就職活動にも大きなアピールポイントとして繋がったり、自信になったり、人生の財産になったりします。大学時代の友達が一生の友達になったりもしますし、今後のツテにもなっていくかもしれない大事な人脈です。そういうものも充実するのが遊びも学業も全力で楽しんでいた人たちではないでしょうか。
 
 
 
 
 

最後に

 
春休みに思う存分遊ぶのもいいですが、もし私がもう一度大学生になる前に戻れるのなら、そんな勿体無い過ごし方はしないと思います。
在学中に会社を設立して見たいし、大学生ブロガーとして収入を作れるかやってみたいし、長期休みには海外旅行に行ったり留学をしたり、社会に貢献できるような企画を実行してみたり、そういう大学生だからできる事をもっと情報収集してどんどん行動したい。そう思います。
 
 
これから大学生になる若い人たちは、120%その時間を活用できるよう、人生の糧になる価値あるものにできるよう、全力で楽しんで欲しいですね(^-^)
 
 
ちなみに、全然関係ないけど、最近始まったソフトバンクの私立スマホ中学ってやつ、めっちゃおすすめです。ホリエモンの社会の授業見たら、スイッチ入ると思います^^