Miracle Picnic

旅とグルメで enjoy life !

【旅×観光スポット】福島旅行するならここへ行こう!おすすめスポット紹介〈福島駅エリア編〉

 

福島旅行に行ってきました。

福島って温泉地が集中していて、温泉好きはテンション上がる観光地なんです。

他にも意外なグルメがあったり、まだまだ知らない観光スポットがたっくさんあることがわかりました!

今回は実際に行ってきたオススメスポットなどを紹介します(o^^o)

 

 

土湯温泉

f:id:coolmilk:20180406182327j:plain

 

どんなとこ?

 
土湯温泉街の特徴はなんといっても大きな大きなこけしです!
足湯は4箇所と充実していて、日帰り温泉を楽しめる施設も豊富です。
ただし、日帰り温泉の場合は営業時間が日によって違うことがあるので、直接確認するか、土湯温泉観光案内のHPで確認しましょう。
 
 

おすすめスポット

 
こけしプリン
・・・可愛いこけしが店内にはずらっと並んでいます( ^ω^ )美味しかったです♪
 

f:id:coolmilk:20180406182358j:plain

こんにゃく屋さん
・・・観光案内所のとなりにありました。前の人でちょうど売り切れたので食べられませんでしたが、次こそは食べたいです!!
 
足湯
・・・ほかの温泉地よりも足湯が充実してることも土湯温泉の魅力の一つかもしれません。ガッツリ入りたくないとか、ちょっとだけ温泉気分味わいたいとか、カップルは足湯なら一緒に楽しめるのでおしゃべりしながらゆったりするのもいいですね!
 
 

気をつけること

1 温泉街から離れた施設があるから注意!
土湯温泉は福島駅から車で30分くらいのところの山の中腹にあるのですが、さらに山奥へ進んだところに赤湯温泉と言われている温泉ちが数件あります。そこへ行くには車でもまあまあかかりましたから、位置関係には気をつけましょう。
 
2 営業時間は確認すること
行ってみたらやってなかったって結構あります。
事前に確認しましょう。場所によっては、お昼過ぎに閉まってしまうところもありました。スーパー銭湯的な大きな施設のところは比較的営業時間は長いデス。
 
3 露天風呂があるかも確認すること
温泉といえば露天風呂。そう期待していったら実はない、なんてことにならないように気を付けましょう。それから、男女交互に時間交代にされているところもあります。確実に露天風呂を楽しみたいなら確認しておきましょう。
 

情報

福島駅から車で約30分。
 
土湯温泉観光協会
〒960-2157
福島県福島市土湯温泉町上ノ町1
TEL:024-595-2217
 

飯坂温泉

f:id:coolmilk:20180406182744j:plain

どんなとこ?

飯坂温泉は「奥州三名湯」に数えられる東北地方有数の古湯だそうです。
特徴はたくさんの共同浴場があることです。飯坂温泉共同浴場はほとんどが200円ほどで入れるので、低コストで何箇所も楽しむことができるというのは魅力的です。
 

おすすめスポット

旧堀切邸
・・・旧堀切邸は、江戸時代から続いていた豪農・豪商の旧家。県内で現存する最大最古の土蔵「十間蔵」や近代和風住宅の「主屋」など、歴史的価値の高い建物が現存します。
なかでもここの足湯・手湯はおすすめです。源泉掛け流しの温泉、美しい庭園、夜間の間接照明。その雰囲気に癒されることでしょう。ほかの二つの温泉地と比べてもかなり大きな足湯施設ではないでしょうか。
 
くだもの狩り
・・・飯坂温泉はくだものの里とも言われているほどですから、ぜひ季節のくだものを食べたいですね。
 

気をつけること

もにわの湯はトンネルの向こう側・・・
もにわの湯という公共の温泉があります。ここは公共なのに充実してます。源泉だし、露天風呂もあるし、綺麗だし、すぐ隣りに子供が遊べる遊具もあるし。ただ、飯坂温泉街から離れています。車移動なら問題ないですが、位置関係には把握しておきましょう。
 

情報

iizaka.com

高湯温泉

f:id:coolmilk:20180406182814j:plain

どんなとこ?

高湯温泉も福島駅から30分ほどで行ける温泉地です。
こちらは温泉街というほど密集していないところですが、泉質は最高でした。
ザ天然!!というかんじ。綺麗なミルキーブルーの硫黄の温泉です。
日帰り温泉だけでなく、温泉旅館もあります。
 

おすすめスポット

のんびり館の露天風呂
・・・内風呂と露天風呂があるのですが、わたしは露天風呂に直行しました。外の階段を降りていくと川のそばに露天風呂の建物があります。太陽の光がお湯をキラキラ光らせるところや、岩の造りや、自然の中の雪の溶け残りをみていると時間の流れがゆったりしてリラックス効果抜群です。
⬇︎のんびり館HP

気をつけること(温泉地の共通!!)

営業時間
・・・何度も書いてますが、とにかく営業時間は直接確認することです。せっかく長い時間かけて行ったのに閉まってたら大ショックですからね。
 
タオルと袋
・・・温泉に行く可能性があるなら、タオルは常に持ち歩いておくといいですね。おすすめはあまりかさばらない100円ショップのペラペラタオルとかです。濡れたのもを入れる袋もあったほうがいいです。
硫黄の香り
・・・見た目はきれいなミルキーブルーのお湯ですが、硫黄の香りはガッツリします。つまり、お風呂上がりの自分の体も硫黄の香りです。そのまま服を着たら、その服はいつまでも硫黄です。洗濯を何度しても硫黄です。私はそれをたまごちゃんと言います!ゆで卵のような香りがするからです。(笑)とにかくすべてがたまごちゃんになります!!服もタオルもタオルを入れたカバンも。皆さん、たまごちゃんにならないよう気を付けましょう!!
女性はスキンケア
・・・日帰り温泉ではスキンケアが置いていないところの方が多いので、女性はタオルと一緒にトラベルセット的なスキンケアを持ってると便利です。
アクセサリー
・・・シルバーのアクセサリーは真っ黒に変色します。泉質によるのでしょうが、真っ黒になったらその後のクリーニングが大変なので、温泉に入る前は必ずアクセサリーを外しておきましょう。そして忘れないように、カバンや財布の中にすぐに片付けましょう。
 

高湯温泉情報

円盤餃子

福島の名物が餃子ということを私は初めて知りましたが、いろんなところで円盤餃子の看板を目にしました。
名前の通り円盤のように敷きつめられた焼き餃子。
お店により味はもちろん違いがあるとは思いますが、結構あっさりとしていて一人一皿食べられるほどです。ちなみに画像の餃子は私が食べた餃子で一皿30個!余裕でした(*^ω^*)
 

f:id:coolmilk:20180406182906j:plain

代表的なお店紹介

満腹
 
こちらは福島餃子の元祖。有名人も多く訪れている様子が店内のサイン色紙でわかりました。グーグルの口コミ数もダントツです。持ち帰りができるのも魅力的。場所がわかりにくくてまるで隠れ家なので、Googleさんを活用して探しましょう
 
餃子の照井
 
店舗が複数あり、比較的最近できた駅前店は立ち寄りやすく便利ですね。

花見山公園

 

f:id:coolmilk:20180406182933j:plain

春になったらピンクや黄色と色あざやかになる花見山公園はお花見するには最高のスポットです。
屋台や出店が出ていて食べ歩きもできます
とにかく広範囲に渡って桜があるので、ちょっとしたハイキングのイメージで準備をしておくといいですね。
駐車場もあるのである程度近くまで車で行くのがいいです。
 
 

情報

 

福島駅周辺ざっくりマップ

⬇︎それぞれの位置関係をザックリとイラストにしました!
 

f:id:coolmilk:20180406183457p:plain